商品先物取引にかかるコスト

 

商品先物取引にはどれくらいのコストがかかるのだろうか?

 

 

商品先物取引の単位

 

商品先物取引における市場での取引の単位は『枚』と呼ばれていますが、例えば金1枚は1,000g(1kg)と大きく、通常は 『呼値(よびね)』と言われる小さな単位で売買されます。商品取引所で立会いで決定される価格も 『呼値』 であり、『呼値』 につけられる価格を 『約定値段』 と言います。各銘柄(商品)で取引単位が違ってくるので、十分に注意しが必要になります。


取引単位を誤解してしまっては、損益計算が合わなくなります。 『金は○倍、銀は△倍』 という倍率で覚えた方が損益計算がすばやくできますのでおススメです。
近年話題のFXに挑戦使用と今考えている方も多いのではないでしょうか。

 

商品先物取引にかかるコスト


商品先物取引において、2つの取引コストと税金がかかってきます。
  ○ 売買手数料・・・売買手数料は通常1取引を決済した時に「売り」「買い」往復分が徴収されます。各商品先物取引会社によって異なります


  ○ 消費税・・・売買手数料の5%分を消費税として上乗せして支払わなければなりません
  ○ 税金・・・所得税(15%)+住民税(5%)=20%が発生します。確定申告時に申告分離課税方式にて納税しなければなりません

 

 

商品先物取引に関する税金


個人投資家の商品先物取引に係る所得に対する所得税は、申告分離課税方式が適用されます。

 

  ○ 税率・・・ 所得税15%+地方税5%の計20%


  ○ 計算期間・・・ 1月1日から12月31日までの1年間 含み損益は不算入

  ○ 納税方法・・・ 確定申告

  ○ 繰越控除・・・ 3年間の商品先物取引による所得のみから控除可能。株式等との合算は不可能 ]

 

投資やFXにはコストがかかります。
FXのコストは為替手数料です。しかし、FXの為替手数料は他に比べて安いので、コスト面はそれほど負担にはならないでしょう。しかし、もうひとつスプレッドというコストがあります。
FX業者を選ぶ際にランキングなどからスプレッドの面で比較をするといいでしょう。FXランキングにスプレッドのカテゴリーなどがあるサイトを多く見かけます。
FXランキングからスプレッドでの比較をし、負担の少ないFX業者を選びましょう。


recommend


新宿・品川を中心に東京23区内外のご自宅、オフィス、ビジネスホテルに出張致します。

出張マッサージ 東京

アートキャンドル協会認定のキャンドル教室

キャンドルスクール

安心・スピーディー対応!GPSレンタルならお任せください。

GPSレンタルを利用

おしゃれでかわいいインテリア雑貨やアクセサリーパーツ、犬服など、独自のルートから仕入れていますので、お安くご提供する事ができます。

インテリア雑貨 卸

2016/4/20 更新

トップへ

 

 



Copyright(C) 先物取引のあれこれ. All Rights Reserved.